2016年04月23日

接着剤Death!

(にかわ)
ヴァイオリン・チェロ・アコギ・クラギそしてコントラバスも
板と板を接着しているものは「基本」というものが使われています

この、湿気や温度の変化に弱いらしく
季節の変わり目にはがれやすいそうです
しかしその性質上、剥がれたところの再接着や
ボディを開ける作業も容易にしています
※容易といっても結構大変なんですが・・・

ところが「基本」と書いたのには理由がありまして、
膠を扱うのは結構大変らしく、
安い楽器は接着剤が使用されているものもあるそうです
私のHO-38はたぶん・・・たぶんだと思います
※微妙な値段なんだよな〜、俺の楽器(汗)

ですから
接着剤で修理するなんて言語道断!
膠じゃなきゃ、ダメ!絶対!

----------------------------------------------------------
すいませ〜ん、お電話しておいたヘタレです〜
あ〜ハイハイ、どうぞ
大きなコントラバスを押しながら、私は工房の狭いドアを潜り抜けた
じゃぁ、見せてもらって宜しいですか?
はい、この部分なんですけど・・・
工房のオーナーはひと目見るなり
こう仰った
あっ、これ接着剤ですね
201604231.jpg
これ、接着剤じゃないとくっつきません!
あ・・・ハイ
あれ〜膠じゃないの〜?
3時間ほどでくっ付くと思いますが、よろしいですか?
分かりました・・・
ま〜プロが言うのだから、そうなのだろう
私は複雑な気持ちになりながら外に出た
3時間か・・・どこで時間を潰そう・・・
とりあえず池袋の町をぶらつこうか・・・
久し振りに楽器屋や本屋を見て回った

2時間半ほどで、件の工房から電話がきた
あっ、どうも先ほどは。もう治りました?
すいません、実はまだくっ付かないんですよ
今日はお預かりにさせてもらいませんか?

そんなに重症なのか・・・
わかりました。では明日引き取りにいきます
申し訳ございません
その日はそのまま自宅へと戻る事にした

〜翌日〜
雨が降りそうなドンヨリとした空
工房の開店に合せて、私は池袋へ向かいました
雨が降る前に引き取りたかった
どうも〜どうですか?
ハイ、ちゃんとくっ付きましたよ
今最後の仕上げをしてますので、ちょっと待っててください

オーナーは丁寧に修理痕を磨いてくれてました
はいどうぞ!
修理したところを確認
201604232.jpg
綺麗な仕上がりです
ありがとうございます
ハイ、ではケースにいれますね
うん?音出しチェックはしないんだ?
まぁ、剥がれの修理には関係ないかもな・・・

オーナーと一緒に巨体をケースに収め、
カートに縛り付けます
また何かあったら、宜しくお願いします
そうオーナーに別れを告げて、私は外に出た
パラパラと小雨が降ってきていた
急いで帰らないと・・・・・・・

この接着剤が後に、別の工房へ私を誘うことになるとは・・・
そのときの私は知る由もありませんでした
--------------------------------------
帰宅した直後
20160417A.jpg
反対側に新たの剥がれ発見!
トホホホホホホ

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ベースへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村にほんブログ村
posted by ヘタレ四弦弾き at 05:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。