2016年05月08日

信頼

O社のコントラバスには湖があるんです
この人は何を言ってるんだ?
私は一瞬、頭が混乱した
湖って北海道の摩周湖や滋賀の琵琶湖とか、でっかい水溜まりのことでしょ?
ヘタレさんはコントラバスのネックとボディが
どのようにくっ付いているかご存じですか?

詳しくはないが、だいたい想像はつく
通常、このような形になっています

O社の接着はこんな感じなんです

?!
どうしてこんな風に接着するんですか?
実はネックとボディの接着部分、ここの平面を出すのって
結構面倒くさいんですよ

そんなものなのか・・・・
O社はここに(湖と呼ばれる)空白部分を作ることによって、
その手間を省いているんです

そうなると?
ネックからの負荷は全て表板との接続部分に集中します
・・・・・・・・
それって問題ないんですか?
ヘタレさんのコントラバスにも既に兆候が出ていますよ
私は恐る恐る表板とネックの接合部分に目をやった
201605083.jpg
そこにはしっかりと両側にクラックが入っていた
最悪の場合、このクラックが広がっていき
表板を割ってしまうことになります

O社はこのことをちゃんと購入者に伝えているんですか?
彼は黙ったままだ
こんな大事なこと、
どうして誰も言わないんですか?

・・・・・・・・・・・・
ヘタレさん、O社は日本で一番多くコントラバスを作る会社です。
個人だけではなく、学校なんかにも納入してるでしょう
そんなことをするとO社の楽器を生徒に紹介した先生達や
色々な人たちの面子を潰すことにもなるんです

でも、私はずっと永く使えると思ったから、
オール単板や黒檀の指板のコントラバスを買ったんです!
これじゃぁ!

材質の表記は一番分かりやすいセールスポイントです
ですがいい材質を使って価格を抑えるには
目に見えないところが犠牲になるんです・・・

私はもう何も言えなかった
ただ、ただ茫然としていた
そしてコントラバスをケースに仕舞い、
カートに乗せて帰る準備をした
そしてもう一度、工房のオーナーに振り返り頭を下げた
これからも私のコントラバス、宜しくお願いします
いえ、こちらこそ・・・すいません
この人は信頼できる
普通、楽器のオーナーにこんな話はできない

工房を出たのは4時頃だった
初夏の清々しい風が心地いい。
日が落ちるには、まだ大分時間もある
歩いて帰ろうかな?
大きなコントラバスを押しながら、私は駅とは違う方向に歩き出した
この辺りは自転車で来たことがある
帰り道はわかっている
急いで帰る理由もない
ゆっくりゆっくり歩いていこう
201605084.jpg
道はまだまだ続く
すぐ壊れるわけじゃない
信頼できる職人さんとも出会えることができた
彼と相談しながら、出来るだけ永く付き合っていこう
安っぽい音しか出ないこの楽器だけど
安っぽい音しか出せない演奏者にはピッタリじゃないか
どちらかが壊れるその時まで・・・・・
----------------------------------------------------
一応、断っておきますがO社のコントラバスが
全てこの構造なのかは定かではありません
かなりお高いモデルも存在するので、
あるいはローエンドからミドルエンドまでの構造なのかもしれません

※そのあたりを聞くのをわすれました

あの工房のオーナーさん、私に別のコンバスを弾かしたりして・・・
もしかして?
もっとお高いコンバスに買い替えさせようとしたのかしら?
・・・・・・・・・・・


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ベースへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村にほんブログ村
posted by ヘタレ四弦弾き at 20:33| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

皆さんはこんなことを聞いたことがあるだろうか?
コントラバスの価格と価値は、エレキベースの10倍に相当する
つまり
300万のコントラバスは30万くらいのエレキベース
私のコントラバスは定価で38万円だから
エレキベースだと3万8000円くらい・・・らしい('A`)

----------------------------------------------
こんにちは〜
いらっしゃい
4/30(土)午後3時頃、私は工房を訪ねた
世間はゴールデンウィークに突入
どこも人でいっぱいだった\
見ていただけますか?生まれ変わりましよ♪
見た目は以前と全く変わらない
あえていうと駒が変わったくらいか?
しかし実際にはかなり手を加えられていた
@駒をワンランク上のものに交換
201605061.jpg
 アジャスター付から無しにしてもらった
 また初期設定に戻すため、高さは標準に
A左右の剥がれ直し
201605062.jpg
 板がかなり歪んでいたらしく、もう一枚板を挟んで膠で接着
 アロンアルファの除去もあったので一苦労
B指板の修正
 縞黒檀は硬さにムラがあるそうで削るのも大変だったそうだ
 またナット?も削り、ローポジションも弾きやすくした
Cサドル修正
201605063.jpg
テールピースを固定するワイヤーがボディに接触していたので修正
以上で97200円(税込)である
すごく鳴るようになりましたから!
いつも弾きなれたコントラバスの傍らに立ち、それぞれの弦を弾いてみた
ブオオォォォン
表板が大きく震えている
4弦から1弦まで新しい駒がきちんとボディにその振動を伝えていた
おぉぉぉぉ!
ねっ♪よく鳴るようになったでしょ?
たしかによく鳴るようになった
そう鳴るようにはなったのだが・・・・
その楽器の本来の音はこうなんですよ
そう、それが問題なのだ
今まで気づかなかった・・・気づきたくなかったこともハッキリわかるのだ

これ・・・すごく安っぽい音がするコントラバスだな〜
コントラバスはこんなものなのか?
そこに追い打ちをかけるように工房のオーナーが
こっちのベースも弾いてみますか?
と年季の入ったオールドっぽいコントラバスを差し出した
では、遠慮なく・・・
ドゥオオオオオオォォン
目が点になった
全然、音が違う!
今弾いているコンバスが板がなる音ならば
私のコンバスはベニヤ板が震えるような音なのだ

し・・・知りたくなかった
いい楽器は本当にいい音がするんだな〜
工房のオーナーは純粋そうな微笑みで
もう一度、自分の楽器を弾いてみてください
と言って来た
残酷だな人だな・・・
もう一度自分のコンバスを弾く
ブオオォォン
うん、音は変わらない
同じオール単板なのに、ここまで違うのか!
ふとあのことが頭を過った
コントラバスの価値はエレキベースにすると10分の1
わたしのコントラバスはエレキベースだと3万8000円くらい
だけど・・だけど
201605064.jpg

もう帰ろう・・・・・
ここに居ても虚しくなるだけだ
支払いを終えた私は楽器をケースに仕舞おうとした
あっ、ちょっと待ってください
・・・まだ何かあるのか?
実は先ほど発見したんですが
彼は私のコンバスのネックを指さした
わかりますか?
私はジッと凝視する
クラックが入っているんですよ!
201605065.jpg
よくよくみると確かにあった
こ、これは大丈夫なんですか?
う〜ん、いつクラックが入ったかはわかりませんが
もしかしたらこれ以上進行しないかもしれません
少し様子を見て行きましょう

もう笑うしかなかった
だいたいイシバシで128000円で売っていたのだ
状態が悪くても文句は言えない
この楽器が安かったのも、前のオーナーの時
ネックが外れかけたからなんですって!
困っちゃいますよね・アハハハハハハ


コントラバスをケースに入れ、帰ろうとしたとき
工房のオーナーはそっと呟いた
O社のコントラバスの9割はネックが外れてますよ・・・
えっ・・・、今この人はなんて言った?
彼は真面目な顔で私を見つめていた
えっ?
私はもう一度聞き返した
どういう意味ですか?
一瞬迷うような顔をした後、意を決して彼は答えた
O社のコントラバスにはがあるんです

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ベースへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村にほんブログ村
posted by ヘタレ四弦弾き at 20:23| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

GWは来ない

4月24日、日曜日
その日は朝から雨が降っていた
私はネット検索をしながら、
もうすぐやってくるゴールデンウィークに心躍らせていた

去年はオートバイの車検が切れていて何処にもいけなかった
今年はバイクショップで整備をシッカリしてもらってる
エンジンもOHをしてもらい、車検も通した
あとは目的地をきめるだけだ

どこに行こうか?
佐渡島とかどうだろう?、
高速道路で新潟に入り、フェリーで海を渡る
海沿いの道をゆっくり走り、キャンプ場で満天の星を見る
最高じゃないか!
そうだ!まずはテントを買わないと
あと寝袋にマット・・それと明かりも必要だからランタン・・・
ピピピピピ
突然机の上のスマホが鳴る
もう時間か・・・

私の思考を現実へと引き戻された
今日は先生推薦の工房までウッドベースを押していかないといけない
外の雨はだいぶ小降りになったとはいえ、まだ降り続いていた
はぁ
小さい溜息をつくと僕は覚悟を決めた
とりあえず雨対策として
201605011.jpg
ゴミ袋だけ被せた
私はコントラバス用のレインカバーを持っていない
気休めかもしれないが駅まで保てばいい
天気予報では昼には止むといっている
向こうに着いたときにはやんでいるだろう

二つ電車を乗り換え最寄り駅に着いた
時計の針は午前10時半を指していた
開店時間には少し時間がある
201605012.jpg
ガード下のトンネルで少し時間を潰す
雨だからだろうか・・・人通りは少ない
スマホを弄りながら、隣に鎮座するこの巨大な楽器に目を向ける
私の身長より高いこの楽器。
よくもまぁ、こんな大きな楽器を昔の人は造ったものだ
交通機関の発達していながった時代からあるこの楽器
さぞ運搬はに苦労したことだろう・・・・
まさか自分がこんな大きな楽器を所有するとは
・・・・・思いもしなかった・・・・・・

外を見るといつの間にか雨は止んでいた
時間もちょうどいい
私はコントラバスを押し、工房までの坂を上り始めた

こんにちは〜
あっ、いらっしゃいませ
電話をしていたヘタレです
お待ちしておりました
若く温和そうな青年が私を迎えてくれた
年のころは30代前半から半ばといったところか?
多分、私の先生とさほどかわらないだろう
早速ですが、楽器を診てもらえますか?
はい、では
手際良く楽器からケースを取り外す
まずは接着剤で付けたという側面を見る
あ〜、これアロンアルファで付けてますね・・・
アロンアルファだと?!
久し振りに見ましたね・・・こんな修理
反対側も確認
こちらも剥がれかけています・・・・・次は音だしを
彼は各部を見ながら
ゆっくりと1弦1弦色々なポジションで音を出していく
それでわかったことは・・・
この駒・・・死んでます
アジャスター付きの駒が歪んでいるそうだ・・要交換
4弦のビビリと3弦の音詰まりもあり・・・・指板の修正も必要
あとローポジを弾きやすくするためにナットも削ったほうがいいとのこと

それで費用は・・・・いかほどに?
私は恐る恐る聞いてみた
・・・・・9万円(税別)」
201605013.jpg
その瞬間、私のGWの構想が全て消し飛んだ
佐渡島が・・フェリーが・・・海沿いの道が・・
そうて満点の星が・・・・
全てが日本海の泡へ消えていった
あ・・あの・・・どうしましょう?
だ・・大丈夫です、やってください

わかりました、1週間ほどで出来上がると思います
宜しくお願いいたします
店主に別れを告げ、身軽になった私は駅に向かった
電車に揺られながらゴールデンウィークのことを考えた
さてゴールデンウィークは何をしようか・・・・

去年と同じ・・・・
どこにも行けないよ〜・(*ノДノ)・゚・

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ベースへ人気ブログランキングへ
にほんブログ村にほんブログ村
posted by ヘタレ四弦弾き at 11:43| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。